Uncategorized

同棲生活は平日と休日、ONとOFFを切り替えて2人の時間を楽しめれば良い

お互いが別々にアパートを借りて暮らすよりも、交際が深まり一緒に暮らしても良いと思える関係であるならば、同棲生活の方が経済的メリットは大きくなります。同棲=結婚を意識した2人なのだと思います。
どうでしょう、同棲を始める前の心境としては、彼女・彼氏と毎日がデートしている気分になれるのではないか?と、想像も膨らむものだと思います。実際、互いに仕事を持っている場合には、仕事から帰ってきてからお相手の方のお帰りを待って、一緒に夕食を楽しむこともありますが、なかなか現実的にはタイミングも合わず難しいことが多々あります。どうでしょう、平日と休日とで生活の雰囲気を変えてみると良いのではないでしょうか。
平日は、其々が帰宅した際の食事は、自分で作っても、コンビニで惣菜を買ってきてもOKな感じにしておいて、ビールなどのお摘みに頂きながらお相手のお帰りを待つ。もしも、同じような時間帯に帰宅出来たなら、一緒に料理を作ったり、持ち寄ったお弁当を、分け合っての飲み会気分も楽しめそうです。平日は、それぞれのペースで生活出来たなら、肩肘張らずに自分達らしく生活出来るのではないでしょうか。
休日にはガラッと気分を切り替えて、生活をデートの延長線上のように楽しまれるのが良いのではないでしょうか。だって、まだ結婚していない若い2人です。
朝寝坊も良いではないですか。先に起きた方が無理して家事をする必要もありません。2人が起きてインスタントコーヒーでも飲みながら、今日は何する・何処に行くを決めたりしてから、洗濯機を回したり、部屋の掃除をしたりと日常生活を2人でテキパキとこなして出発です。ちなみに、同棲生活=男も女も役割は意識の中では、半分半分を前提にしておくのがベターです。
日中はデートを楽しむことが出来ますが、同棲生活を始める前後で随分雰囲気が変わってくるものです。それまでの様に映画へ行ったり、遠くへドライブへ行ったりせずとも、近くのスーパーで買い物したりするのも、ちょっと生活感があって楽しいものです。
夕食は、外食でゆっくり過ごすのも良いでしょう。若しくは、時間もあるのですから、2人で一緒に作るのが良いのではないでしょうか。缶ビールを片手に、料理を作りながら話しをするのも楽しいものです。
同棲生活では、どうしても結婚した後の生活感を味わうことも多々あります。でも若い二人なので、楽しみながら生活したい。平日と休日、つまりはONとOFFを上手に切り替えて、一緒に暮らしているという状況でのデートを楽しまれる野が良いのではないでしょうか。
平日のゴミ出しは、男性が買って出ましょう。もしも結婚した後も、ゴミ出しの役割は男性に回って来るでしょうから。